どんなに一生懸命、営業をかけたとしても、その見込み客が全く、的外れでは意味がありませんよね。

時間や労力がかかる開拓だからこそ、しっかりと最初のステップである見込み客を精査してアプローチをしていく必要があります。

もし、今回お話する方が、見込み客に入っている場合は、そのリストから外すべきだと考えています。
ここでは見込み客にすべきでない4つの対象先をお話していきます。
(続きはログインをお願いします。)
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について